事業内容Business

コールタール類輸送

当社は、製鉄所内のコークス炉において石炭を乾留する際に発生するコールタールや粗軽油、及びこれらを分留することで得られるクレオソート油、吸収油等の芳香族炭化水素化合物をケミカルタンカーにて年間約120万トン輸送しています。

当社が運航するケミカルタンカーは、殆どの船舶がダブルハル(二重船殻)構造となっており、万が一の場合においても被害を最小限に抑える体制を整備しています。

船隊整備は荷主各位の需要を見込んだ上で特性に応じた船隊を充実させており、現在は国内初のIMOタイプⅠ・Ⅱ型積載量2,500t船1隻をはじめ、タイプⅡ型積載量1,500t船4隻、タイプⅡ型1,000t船4隻、タイプⅢ型1,000t船1隻という編成で、北海道から大分まで国内全域に亘って輸送に従事しています。

当社はコールタール及びコールタール蒸留製品の輸送に関して国内最大の輸送実績を有しており、長年培ってきた豊富な実績・経験から冬季北日本のような厳しい気象条件下であっても安全・安定運航を最優先とする効率的な運航に努め、主要荷主であります日鉄ケミカル&マテリアル株式会社、株式会社シーケム、その他荷主各位の大切な製品を輸送させていただいています。

コールタールについて

コールタールは石炭を乾留してコークスを製造する際に得られる副生成物の一つであり、他にも粗軽油が生成されます。コールタールをさらに蒸留することにより、下図に示すようにナフタリン、クレオソート油、ピッチ等が製造され、それらの物質から様々な製品が作られます。

コールタールから生成される製品

具体的なおもな取り扱い内容

  • コールタール
  • 粗軽油
  • クレオソート油
  • 吸収油
  • 芳香族炭化水素化合物